CIGS 太陽電池

CIGS 太陽電池とは、C(銅)、I(インジウム)G(ガリウム)、S(セレン化物(および硫化物))という要素から成長する薄膜を指します。CIGS の構造は、非常に薄い膜として、ガラスのほか、ポリマーなどの柔軟性のある基板に徐々に堆積されます。すべての CIGS 製造プロセスにガスが用いられるとは限りませんが、一般的な技法では、固形のソースを共蒸着またはスパッタリングして Cu-In-Ga 合金を形成し、気体の H2Se および H2S を使用してセレン化および硫化します。これらの毒性の高いガスはいずれも、乾燥床化学吸着に適しています。これは特に、乾式反応の副産物が安全に扱いやすいためです。高容量の CIGS 製造向けに、専用の CLEANSORB モデルをエンジニアリングすることもできます。
プロセス用途一般的に使用されるガス
CIGS 太陽電池H2Se、H2S
CS-Clean Solutions Picture Cleansorb at Work